白米より玄米の方が、栄養あります。

さらに玄米を発芽させた発芽玄米は、栄養価がいっそう高くなります。


困る 女

玄米を食べるのもつくるのも、経験ないからハードル高いわ。発芽玄米ともなると、さらに未知の世界じゃない?


発芽玄米に対してハードルの高い方、お気持ちはわかります。

私も発芽玄米は食べたことなかったので、食べてみたいと思い、調べてみました。

考える

カンタンに食べれる発芽玄米ないかなぁ?



すると、レトルトの発芽玄米がありました!

試しに買ってみることにしました。

 

レトルトの発芽玄米を食べてみた

発芽玄米のレトルトパック、お試しで買ってみました。

「発芽玄米の底力」っていう商品です。

おてごろな価格でしたよ。

もし、わたしに合わない味だとしても、お試しだからいいかと思って、買ってみました。


「さとうのごはん」のような、レトルトパックです。

真空パックなので板のように、かたい。


さっそく食べてみようと、裏面に書いてある作りかたを見て、電子レンジに入れました。

 


トレイにパックをのせて、レンジ3分。

「えっ?そんなカンタンに発芽玄米が食べれるんだ!」

だって、発芽玄米をつくる機能の無い、ふつうの炊飯器で発芽玄米をつくろうとすると、すごく時間と手間がかかるんですよ。

それなのに、玄米の底力なら3分でできちゃうって、ちょっと感動です。


困る

「でもどうせ、レトルト食品だし。レトルト特有のにおいとかあって、おいしくないんじゃないの?」

 

不安がよぎります。よぎりのわたしです。


食べてみました。

 

 


おどろき

「ん?ふつうにおいしいぞコレ!」

 


玄米にあるプチプチした食感はありますが、イヤミがなくやわらかくて食べやすいです。

トウモロコシのような、ここち良いにおいがします。

味もクセがなく、香ばしくて味わい深く、おいしいのでパクパクいけます。


白米だと単に甘みが、うまい感じですよね。

当然です、白米の成分はほぼ糖分ですから。

発芽玄米は濃厚で、かめばかむほど味わい深く、感動するほどのうまさがあります。

 

ポイント

やはり、玄米にたくさん含まれる栄養が、身体に吸収されて、自然と身体の細胞たちが喜んでいるからなんだと思います。

 

ちょっと大げさですかね^^;

 

→ 発芽玄米を試してみる価値はあります コチラから

 

なんで発芽玄米がおいしいのか?

 

先ほど感動するほどのうまさ!と言いました。

 

味わい深くて幸福感が得られるほどの発芽玄米の「うまさ」の正体は、なんだろう?

 

調べてみました。

思いのほか早く、答えが見つかりました!

発芽玄米の底力の商品と一緒に入っていたチラシの中に、ひときわ目立つ文字(成分)があったんです。

 



そう!ギャバ」です。

 

ギャバはアミノ酸の一種で、チラシには元気な毎日を応援する成分と書いてます。

血圧を下げる効果やリラックスや安眠といった効果があるといわれています。

ちなみにチョコレートにもたくさん含まれています。

 

チョコ食べるとリラックス効果があるのは、ギャバのおかげでもありそうですね。

キムチや納豆にもたくさん含まれているんですよ!


しかも「発芽玄米の底力」に含まれるギャバの量は、白米のなんと47倍!

 

ギャバがたくさん含まれる発芽玄米の底力は、お試しでも食べてみる価値はありそうです。

白米と比べて他の成分もたくさんあり、栄誉価が高いレトルト食品ですね。

 

値段は高いの?


ちなみに「さとうのごはん」(白米のレトルトパック)は、200グラムで160円ほど。

アマゾンは 

↓ コチラ  ↓

 

 

発芽玄米の底力は、定期便だとキャンペーンで160グラム300円ほど、プラス送料です。

 

しかも、初回限定のお試し3袋だと540円です!

1袋180円で発芽玄米を食べれます。

送料無料なのもウレシイ^^

 

→ キャンペーンで安くなってる発芽玄米の底力はコチラ

 


発芽玄米の底力は、白米の2倍ほどの値段がします。

一食300円を高いととるか、安いいととるか?

答えは?価値観がありますから、人それぞれです。^^

でも、発芽玄米を一からつくる手間ひまを考えると、3分で食べれるレトルトパックはお手軽で魅力的です。


ポイント

しかも白米と違って、玄米は完全食といわれており、一食で栄養が補えるほど優良な食べものなんですよ。

 

食物繊維も豊富にあるので、腹もちも良く、満腹感が続きます。

添加物がたくさん入った菓子パン2個でも、300円くらいしますし、パンだとすぐお腹すいちゃいますよね。

栄養たっぷりで身体にも良い発芽玄米の方が、断然お得で健康的です。^^

 

身体が欲するものを食べて健康になる


身体が疲れて酸性に傾いているときは、アルカリ性のすっぱいものレモンや梅干しなどが食べたくなります。

勉強などで頭をつかい過ぎると、脳の糖分が不足するから、チョコスナック菓子などの甘いものがほしくなります。

油のものを食べ過ぎたら、あっさりしたお茶がほしくなるのも、自分の身体が欲しているから。

番茶は → コチラから



考える

わたしたちの身体が欲するものはなんだろう?


自分のからだに質問すれば、足りないものの答えが返ってくる気がしませんか?

 

なにを食べたいんだろう?

食べたときに、おいしかったか?

食べたものが、スッと違和感なく吸収されたか?

 

満面笑み

人間が本来持っている、自然な感覚を研ぎ澄まして、日々の食事を変えていけば、健康な毎日を送ることができそうです。

 

→ 発芽玄米の底力はコチラ